安室奈美恵 best fiction-Non Color What A Feeling

| HOME | 安室奈美恵 best fiction-Non Color What A Feeling |

What A Feeling





『60s 70s 80s』(シックスティーズ・セブンティーズ・エイティーズ)は、日本の女性歌手、安室奈美恵の35枚目(単独名義では34枚目)のシングル。通常盤、DVD付きの2形態で2008年3月12日発売。アルバム『PLAY』に続く2008年第1弾シングル。本作は自身が出演する『プレミアム ヴィダルサスーン』(Fashion×Music×VSキャンペーン)とのコラボレーションにより、“リメイク”をテーマに各年代を象徴する楽曲「NEW LOOK」「ROCK STEADY」「WHAT A FEELING」の3曲を収録したスペシャル企画盤。

1980年代からは映画『フラッシュダンス』の主題歌、アイリーン・キャラの『What A Feeling』(1983年)を選曲し、初顔合わせの大沢伸一がプロデュースを担当。
ライブにて80'sの「WHAT A FEELING」を聴かせて頂きました。
映画の主題歌だった時の"ワラフィ~リ~ィン"という有名すぎるフレーズももちろん使用。
そして大沢伸一のエレクトロニックなトラック、斬新かつ大胆なジャズ&クラブ系ダンス。
素晴らしい。この曲の誕生は事件です!カッコよすぎて失神するかと思いました。
(ウィキペディアから引用)