安室奈美恵 best fiction-Non Color White Light

| HOME | 安室奈美恵 best fiction-Non Color White Light |


White Light/Violet Sauce(ホワイト・ライト/ヴァイオレット・ソース)は、日本の女性歌手、安室奈美恵の31枚目(単独名義では30枚目)のシングル。7枚目のアルバム『Queen of Hip-Pop』に続く2005年第2弾シングル。恒例の韓国でも同時リリースされた。
『Queen of Hip-Pop』からNao'ymtをプロデューサーに迎えての自身初となったクリスマスソング『White Light』と、安室サイドがイメージソングを歌いたいと逆オファーしてコラボが実現したアメリカ映画「Sin City」の日本版イメージソング(自身初の洋画タイアップ)となった『Violet Sauce』を収録したダブルAサイドシングル。
『Violet Sauce』は、映画を見て気に入った安室がイメージから浮かんだインスピレーションを基にNaoが書き下ろしたロックでクールなダンスチューン。ギターで竹内朋康(Super Butter Dog/マボロシ)が参加。またバックコーラスではロバート・ロドリゲス監督が参加した。
当初は『White Light』の続編とも言える『Nobody』をカップリング曲として収録予定だったが、『Violet Sauce』のリミックスに変更された。なお、『Nobody』は後の2007年第1弾シングル『Baby Don't Cry』のカップリングで初収録。
翌月12月7日には、『White Light』も収録されたPV集『FILMOGRAPHY 2001-2005』(DVD)がリリースされ、オリコン週間DVD総合チャートで初登場1位を記録し、約13万本を売り上げた。2006オリコン音楽DVD年間ランキングでは10位にチャートイン。
なお、8枚目のアルバム『PLAY』では、『Violet Sauce』は『Violet Sauce (Spicy)』として別アレンジで収録されており、『White Light』は未収録となっている。
(ウィキペディアから引用)